​医師紹介

Line separator

 

●院長 前岡  幸憲 

        まえおか    ゆきのり

​メッセージ

「問題解決型」から「未来創造型」へ

 発達上の気がかりを解消し、できないことをできるようにする「問題解決型」の診療を今まで行ってまいりました。子ども時代から長きに渡り診療に来られ、成人となって自分の道を進んでいる方には、ある共通した姿がありました。

 それは、「やりたい」という情熱であり、「やってみよう」とする挑戦であり、人と比べない自分らしさでした。そこで、自分の強みを伸ばし、やりたいことに挑戦できる「未来創造型」の診療も必要と考えるようになりました。

 当クリニックでは、発達上の障がいや生きることへの困難がたとえ大きくても小さくても、子どもの強みを引き出し「やりたい」将来に向けて自分らしい生き方を実現できるよう応援します。

開院準備🌸_200908.jpg
010.png
165.png

​所属学会

日本リハビリテーション医学会

日本小児神経学会

日本小児科学会

日本職業リハビリテーション学会

​日本小児精神神経学会

​経歴

【平成元年】 

鳥取大学医学部医学科卒業

鳥取大学医学部脳神経小児科入局

小児の神経学を学びました。

【平成2年】  

鳥取県立中央病院小児科勤務

小児医療全般を研修しました。

【平成3年】  

国立療養所西鳥取病院(現鳥取医療センター)小児科勤務

重症心身障害児医療・発達障害児療育を学びました。

【平成4年】  

社会福祉法人 島根整肢学園(現 西部島根医療福祉センター)脳神経小児科勤務

重症心身障害児医療・発達障害児医療を学びました。

【平成6年】  

鳥取大学医学部附属病院脳神経小児科勤務

大学に戻り、神経疾患や発達障害における神経生理学の研究をしました。

【平成12年】 

広島県立保健福祉大学(現  県立広島大学)作業療法学科助教授勤務

教鞭・研究の傍ら、小児のリハビリテーションを学びました。

【平成17年】

鳥取県立鳥取療育園勤務

​園長・医師として、地域での療育やリハビリテーションを経験しました。

​専門領域:小児リハビリテーション・小児神経学

​院外活動

一般社団法人全国児童発達支援協議会(CDS Japan)理事

「障害のある子を支える児童発達支援等実践事例集」共著 中央法規出版

​調査研究部の中で、全国の児童発達支援事業所や放課後等デイサービス事業所の実態調査等の研究協力をしています。

​資格

医学博士

リハビリテーション科専門医・認定臨床医

小児神経科専門医

​身体障害者福祉法第15条指定医師

033.png

 

●非常勤医師 田邊  文子 

        たなべ  あやこ

【平成16年】 

鳥取大学医学部医学科卒業

【平成16年】  

山陰労災病院 初期研修医

【平成18年】  

鳥取大学医学部付属病院 脳神経小児科入局

【平成20年】  

鳥取県立総合療育センター勤務

【令和2年】  

鳥取県立中部療育園勤務

​所属学会

日本リハビリテーション医学会

日本小児神経学会

日本小児科学会

​資格

小児科専門医

リハビリテーション科専門医

​経歴